有機野菜とは

野菜宅配サービスで主な商品として取り扱われることの多い有機野菜。有機野菜は国が認めた有機JAS認定を取得した野菜のことです。有機野菜を作るには土が非常に重要です。種まきなど野菜を育て始める前、2年間以上農薬や合成肥料を避けて作った畑が有機野菜を作るのに必要です。有機野菜の最大のポイントはこの『きれいな土』にあります。農薬などを使い続けた土は栄養がなくなり、化学肥料を必要とします。ですが化学肥料を使うとまた土の栄養はなくなります。この負の循環を断ち切るために堆肥を利用した土作りが行われています。鶏糞などの動物からの栄養分、落ち葉などの自然からの栄養分を利用して栄養のある土を作るのです。そのような土の上で育ったのが有機野菜です。有機野菜は土の状態から見直した野菜ということで根本的に健康を考えている野菜ともいわれています。

有機野菜の特徴としてはミネラルが多いことが挙げられます。栄養が豊富な土の中には微生物が活発に出ており、土にいくつもの小さな穴が開きます。スペースが出来ることで野菜の根っこは伸びやすく、同時に栄養を土から摂ることも出来ます。そのため、有機野菜は自然界に多く含まれるミネラルの多い野菜となります。現代人は野菜不足と同時にミネラル不足も指摘されていますので有機野菜を利用するのはよいと思います。また、ミネラルに限らず他の栄養成分も有機野菜は豊富です。1つの野菜で非常にたくさんの栄養分を持っている有機野菜もあります。これらの有機野菜はスーパーなどでも販売されていますが、より多くの種類を選ぶのであれば野菜宅配サービスを利用してみてもよいのではないでしょうか。


このページの先頭へ