有機野菜の温サラダ

野菜は火を通して食べたほうが量も取れますし、味わいも増します。特に秋冬は冷たい野菜を食べると体が冷えてしまいます。体が冷えると代謝なども悪くなりがちですので野菜は温めて食べることをお勧めします。野菜を温めるというと温野菜と煮物が中心です。有機野菜を使う場合はもともとの味が非常に濃いので温野菜にしてドレッシングを控えめにかけると味が生かされます。

有機大根、有機ニンジンなどの根菜と有機水菜などのさっぱりしていて食べ心地が軽い野菜を用意しましょう。根菜は軽く茹でて食べやすい硬さにしておきます。有機水菜などは食感を楽しむためにもパリパリっとした状態を維持しましょう。そのほかにもお好みの有機野菜を入れてみてください。彩り重視も楽しいですし、全体の味のバランスを考えるのもよいと思います。最後にオリーブオイルを一振りして有機野菜の温野菜サラダは完成です。食事全体の栄養バランスを考えると肉類や卵類もあるとなお良いですね。ベーコンやハム、チーズ、ゆで卵などを一緒に添えてもおいしいと思います。もしも味が薄いなと思ったら塩などで味付けると本来の野菜の味がより濃く染み出ます。有機野菜は旬の季節が一番おいしいです。ですから温野菜サラダも旬のものを使うと最も栄養価も高くおいしいサラダになります。そして、季節のものを使うと四季折々の味の違いや雰囲気の違いを楽しむことが出来ます。ニンジンや大根は型抜きでハートや星型に抜くと小さなお子様でも楽しみながら食べることが出来ます。


このページの先頭へ