無農薬野菜とは

無農薬野菜とは農薬を使わずに作られた野菜のことを指しています。この無農薬野菜ですが農薬を使わなかったとしても多少野菜の中に農薬や化学肥料が入ることがあります。それは、今年の作物の栽培中に農薬を使わなければ無農薬ということになるからです。つまり、前年農薬を使っていて土に農薬が残った状態でも今年農薬を使わないで栽培すれば無農薬という扱いになるのです。この点が誤解を生みやすいのが無農薬野菜のデメリットともいえるかもしれません。また、第三者機関による判断がないのも無農薬野菜のデメリットといえます。有機野菜の場合は審査がありますが無農薬野菜の場合はありません。そのため、無農薬野菜の安全性や栄養などについての信頼は生産者にかかっています。土の状態などまできちんと把握している生産者もいればその点には目を配っていない生産者もいます。その点も踏まえて無農薬野菜を買うという意識がとても大切です。

このように、あまりいい評価を受けない無農薬野菜ですが、有機野菜に比べると栄養分は少ないものの、無農薬野菜ももちろん栄養分があります。特に土の状態がよければよいほど栄養分をたくさん含んだ野菜が出来ると言えます。また、一般の農薬を使っている野菜よりはもちろん無農薬野菜の方がはるかに安全性も高く、体への健康被害などもありません。今後は土やその他の肥料の面でも信頼のおける無農薬野菜の生産者が多くなることが望まれます。徐々に無農薬野菜が野菜宅配サービスなどの専門的サービスを飛び出てスーパーなど一般的な買い物の場所にも進出してきています。


このページの先頭へ