有機じゃがバター醤油炒め

じゃがいもは老若男女を問わずに大人気の野菜です。普段はどちらかというと脇役になることの多いじゃがいもですが時には主役として活躍することも出来るのです。それがじゃがバター醤油炒めです。バター醤油は香ばしくておいしく、お菓子などの味付けにも採用されていますよね。このちょっと濃い目の味とそれに負けないくらい大地の味がする有機じゃがいもを使ったレシピです。

じゃがいも、バター、醤油はそれぞれ適量を用意してください。味が濃いのであまり作り過ぎないように注意してくださいね。じゃがいもを鍋に入れて、じゃがいもがひたひたになる位まで水を入れて茹で上げます。それから粉ふき芋を作る要領でじゃがいもを炒め、その後バターと醤油で再度炒めていきます。普通のじゃがいもでももちろんおいしいのですが有機じゃがいもだとより、食感に違いが出ます。普通のじゃがいもよりも有機じゃがいもの方がバターや醤油に馴染みやすく、いもの中にバターの風味が溶けやすくなっています。そのことから、日本人の好む独特の味わい深さが出る料理といえます。この有機じゃがいものバター醤油炒めのアレンジとして有機アスパラガスなどもバター醤油炒めにしてみるとよいのではないでしょうか。バター醤油の味も濃いですが有機野菜の味も濃く、薄い味付けが苦手な方でも食べられるのが特徴です。出来立てが最もおいしいですが卵などで包んでお弁当に入れることも出来ます。是非様々な有機野菜でバター醤油炒めを楽しんで見てくださいね。


このページの先頭へ