遺伝子組み換え技術とは

遺伝子組み換え技術は様々な食品の分野で利用されています。豆などが有名どころではありますが野菜の分野でも遺伝子組み換え技術を利用した野菜があります。トウモロコシやジャガイモ、トマトなど日常的に食べることの多い野菜も種類によっては遺伝子組み換えをしています。

遺伝子組み換え技術とはある遺伝子のみを細胞に組み込んで、その遺伝子が持つ性質を食品などに付加するという技術です。新しい遺伝子が組み込まれた細胞を持つ食品は今までのものとは異なるので新種と呼ばれます。さて、この『ある遺伝子』ですがもちろん食品にとって有効なものでなくてはなりません。例えば除草剤耐性や害虫抵抗の力があるものなどが遺伝子組み換え技術で組み換えの対象となります。もともとの野菜や果物が持っていない遺伝子だけを組み込むので他の部分での機能の低下などが見られないことが特徴です。1990年代後半から休息に遺伝子組み換え技術と遺伝子組み換え技術によって作られた製品が注目を浴びています。当初は不安だった安全性の問題も今では解決され、安全性審査というものを遺伝子組み換え食品は受ける必要があります。この審査を受けていなかったり審査基準に満たない食品は消費者には販売されません。遺伝子組み換え食品という名前から安全性が懸念されていることもありますが、実際には安全基準などをきちんと設けているので安心してくださいね。遺伝子組み換え食品には表示の義務があります。ですので遺伝子組み換え食品と知らなかったということもありません。今後もこの技術は必要とされますし、更に技術の範囲が拡大することも考えられます。


このページの先頭へ