減農薬野菜とは

有機野菜、無農薬野菜と並んで野菜宅配サービスで販売されているのが減農薬野菜です。減農薬野菜とは使用する農薬の量を従来の半分にした野菜です。こちらも無農薬野菜と同じく、第三者機関の承認などはありません。これらの通常の農薬を使っているわけではないけれど第三者機関の承認、有機JASマークの承認も受けていない野菜を特別栽培野菜と呼んでいます。減農薬野菜はもうひとつ、無農薬野菜と同じ注意点があります。それは減農薬野菜を育てる土の環境については言及していないということです。無農薬野菜も同じですが、当該野菜を栽培する前年度までに農薬を普通に使っていても、今年度農薬を半分以下にしたのであれば減農薬野菜と認められます。土に残留農薬などがあっても、その点については減農薬野菜を名乗るうえで問題にはなりません。中には土の健康さを証明してくれる農家もいますので、基本的に減農薬野菜の安全性を信じるのはやはり農家次第といえるでしょう。

また、減農薬野菜の基準となる『従来の農薬の量の半分』という基準も全国一律ではありません。その地域によって従来の農薬の量が多かったり少なかったりします。あくまでも地域ごとの『従来の農薬の量』という判断の元で減農薬野菜は作られます。ですので地域によっては他の地域の従来の農薬の量の半分よりも多い農薬を使っている野菜も減農薬野菜として認められることになります。その点にも注意しておいてくださいね。減農薬野菜のよいところは有機野菜などに比べて料金が割安ということです。土への手間がかからない分労力も少なくて済むので料金が割安になる傾向にあります。


このページの先頭へ