エコファーマーとは

エコファーマーとは『持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律』という法律に基づいて認められた農業者のことを指しています。簡単に言うと有機農業などを行っている農家や環境保全型の農業を推進している農家などを知事などがエコファーマーとして認めるという制度なのです。エコファーマーの『エコ』は環境に優しいという意味の言葉です。環境に優しい農業に取り組む人たちがエコファーマーと呼ばれているのですね。エコファーマーになるのに経営規模などは問われませんので個人でもエコファーマーになることが十分可能です。

私たち消費者がエコファーマーを見るのは主に商品の包装容器やポスターなどだと思います。可愛らしいエコファーマーマークを見かけたら『ここの農家は環境に優しい農業をしている』という証だと思ってください。今後は有機農業の推進によって更にエコファーマーも増えていくのではないかと思われます。農家にとってもエコファーマーになることは魅力的です。環境に優しい農業をアピールできるだけではなく農業の改良資金を借りることが出来たり、農薬の削減などを行った場合に支援を受けることも可能だからです。私たちにとってもエコファーマーが増えてくれれば農薬を使っていない安全性の非常に高い野菜や果物、食品を食べることが出来ます。特に野菜に関してはエコファーマーの育てる野菜は基本的に有機野菜となりますからミネラルやその他栄養分も豊富です。健康に対する意識を高め、健康のために野菜を食べるのであればエコファーマーの有機野菜を食べることをお勧めします。


このページの先頭へ