安全な野菜の根拠はなに?

安全な野菜、という話になると根拠を特定するのは非常に難しいです。例え有機野菜でも完璧に有機で作られているわけではありませんし、使用可能な農薬を使っているものもあります。ただし、体には有機野菜は影響なく、日持ちもし、味も濃いのが特徴です。農薬は使っているけれど体には影響がない、これを安全と取るかどうかによって安全な野菜の見地は分かれると考えられます。

ただし、比較をした場合にはやはり有機野菜や無農薬野菜は安全といえるでしょう。農薬を使っていたとしても有機野菜、無農薬野菜の場合は指定農薬を指定分量以内ということになります。その表示がしてあれば少なくとも表示のない野菜よりは安全と感じる方が多いのではないでしょうか。野菜宅配サービスでも必ず安全な野菜を売っているとは言い切れません。安全の意識、感覚は人によって違うので土壌に無機物質が入っていたら嫌だと感じる人もいます。そういった方々にとっては無機物質や少量の農薬は危険と捉えられます。ただ、相対的に見た場合には普通の表示のない野菜よりは安全性が高いということを押さえておいてください。また、自分なりの安全基準があるのであればそれに適した商品があるか問い合わせてみるのもよいと思います。


このページの先頭へ